当院について

ごあいさつ

大口クリニック院長 大口 義人
大口クリニック 院長
大口義人

私は大学を卒業して以来一貫して、内科医としてリウマチ学に取り組んでまいりました。大病院での勤務は年数を経るとともに役職が増え、第一線のリウマチ専門医としての臨床の場へ接する時間が限られるようになり、 次第に患者さんへのきめ細かい対応が困難となってしまいました。 しかし、開業によりほぼ全ての時間を診療に当てることができるようになった今、勤務医時代とは比較にならない程充実した診療ができる様になったと感じております。 開業医としての私の役割は、こわばり、関節痛、筋肉痛などリウマチ症状で苦しみ不安をかかえている多くの患者さんに気軽にご来院いただき、相談にのることであろうと考えております。

この度、平成28年4月 に15周年を迎えたのを機に、クリニックを移転いたしました。
引き続き、内科医として特にリウマチ医として地域に根ざし、貢献してまいります。今後とも最新の治療を心かけてゆきますのでよろしくお願いいたします。

院長略歴

昭和45年
岡山大学医学部卒業
岡山大学医学部 第3内科入局
52年
医学博士
53年
宇和病院(副院長)
62年
太田綜合病院附属 太田西の内病院 及び太田熱海病院
平成3年
太田綜合病院附属 太田記念病院 (副院長、健診センター長)
7年
福島県立医科大学 非常勤講師
13年
内科リウマチ科 大口クリニック開設

資格・役職

日本リウマチ財団 登録医
日本リウマチ学会 評議員,専門医,指導医
日本内科学会 認定内科医
日本医師会 認定産業医

院長のひとくちメモ

院長が培ってきたリウマチ学の知識と、日々感じたことを書き綴っています。

クリニックについて

当院は、感冒、腹痛、健診、高血圧、高脂血症など内科一般、プライマリーケアとともに、最先端の関節リウマチの治療を心がけるリウマチ専門クリニックです。
15年間で7000人を超えるリウマチ患者さんの登録、生物学的製剤に関しても延べ500人以上の治療の実績がございます。
常に最新の知見を治療に生かすとともに日常を見守るかかりつけ医として地域に貢献することを目指しております。

スタッフ紹介

  • 看護師長
    原和子
    正看護師
    リウマチケア看護師
  • 看護師
    滝田美智子
    正看護師
    リウマチケア看護師
  • 受付・事務 
    橋本真澄
  • 受付・事務 
    橋本直美
  • 受付・事務 
    草柳千秋

院内の風景